大阪・チャネリング習得講座・アニマルコミュニケーション習得講座・アカシックレコード習得講座開催中・スピリチュアル能力はスキルです!誰でも出来ます。

TOPページ人生は悩み多き・嫌みな上司・怖い先輩・裏切る夫・チャネリングで解決

光のOak_top_top.html

スピリチュアル能力はスキル

スキル

チャネリング

崖っぷち

金家職なし

開運

占い師

火が付く

火が付く姿

崖昇る

崖昇る姿

大阪チャネリングはスキル!誰でも出来る/スピリチュアル光のOak

大阪チャネリングはスキル!誰でも出来る/スピリチュアル光のOak

天使

天使

突然人生の崖っぷちに立たされて、お金なし!住む家なし!職なし!でどうやって生きて行こうかと悩んでいる時開運しようと占い師に見てもらった「これから先7年間なにをやっても無駄!」とひどい言葉を投げつけられました。
しかし
それで自分自身に火がつきました。自分の運命は自分で開こうと決心した時、チャネリングという新しい世界の扉が開きました。「なにをやっても無駄」どころか、チャネリングでつながったスピリチュアルガイドや天使たちによって素晴らしい世界が始まりました。心の傷が癒え、ぶれない自分軸が出来、本当の自分を取り戻しました。

チャネリング

チャネリングスキル

 

スピリチュアル的な心の使い方

チャネリング


**
**

アニマルコミュニケーション


**
**

アカシックレコード


**
**

心を開く


**
**

先祖の因縁


**
**

無料講座


**
**

講座のご案内

スピリチュアル能力はスキルです
だれでも出来ます

 

チャネリング習得講


**

アニマルコミュニケーション習得講座


**

アカシックレコード習得講座


**
インナーチャイルドの癒し
**

スピリチュアルなお仕事


**

個人セッション


**

よくある質問


 

チャネリング

宗教的な言葉を使っても、光のOak(オーク)は宗教のホームページではありません。

 

何かの宗教のお誘いでもありません。宗教用語が分かりやすい場合に使わせてもらっています。

 

どちらかと言うと「宗教にすがらない生き方もありますよ」と言う心の使い方のご紹介になります。

 

チャネリングやアニマルコミュニケーションそしてアカシックレコードが出来るようになった私の軌跡をこのホームページに残そうと思います。

 

私が「いわゆるスピリチュアル」というものがあると気がついたのは、今まで培っていた生活そのものが、ある日突然変わってしまったからです。それは 「心が機能停止」したかのように思いました。前ぶれもなく突然やってきました。

 

なんの心構えもなく、突然やってきた心の変化は、当然日常すべてを変えてしまいます。これらの変化に、翻弄されていると思っていましたが、今考える と、自分で自分を助けるには、あのような変化が必要だったのでしょう。

 

日本に、精神世界とかスピリチュアルという本の分類があることすら知らずに長い間生きていました。自分の心が突然機能停止したかのように思え、いっ たいどうなっているんだ、何がどうしたというのだ、私はもっとしっかりしていたはず・・・と心に呼びかけても心はし〜んと静かに黙ったままでした。

 

そんな時、ふと以前読んだドリーンバーチュさんの天使の本を読み返しました。以前読んだときは、天使の解釈もこのような解釈もあるのだと思うだけで したが、読み返してみると、天使の言葉一つ一つが心にしみわたるのです。 そこで、ドリーンバーチュさんの天使の本やCDを買いました。 それらの中に「私達精神世界の住人は」というフレーズがありました。そこで精神世界とは何だろうと、精神世界の扉を開けていくのでした。

 

そして、チャネリングに出会い、このチャネリングによって現われた、スピリチュアルガイド達の指導の下に、私は、自分の心と体のバランスを取り戻してい き、また様々な体験をしていくのです。 これらの体験は、やがてアニマルコミュニケーションにつながり、インナーチャイルドワークへつながり、アカシックレコードへとつながっていくのです。

 

精神世界は、哲学や心理学や自己啓発にとてもよく似ていますが、これらの学問とは違うのです。何がちがうのか考えてみると、精神世界は、自分の心と向き合 う大切さと、見えない世界といわれて来た神秘の世界が、当たり前にあるのだと知らしめていると思います。

 

自分とはなんだ?なぜこの地球に生きているのだ?命とは何だ?死後の世界とはなんだ?と一生懸命に真面目に考えると、人は「なんだ宗教かぶれか」「ああ〜 拝み屋な」「幽霊のことはあんたに任すわ(冷笑)」と揶揄されてしまい、誰も一緒に考えたりしてくれない事が多いです。また、このような話になると、新興 宗教へのお誘いがすごく増えるのです。

 

お祓いで浄霊とか、施餓鬼で先祖を救うとか、不思議な力で病気を治す教祖がいると誘われました、でも、教祖へのお布施の金額で効果が違うなど説明をうける と、ケチくさい宗教だなと思いました。 神の世界も金次第。昔は地獄の沙汰も金次第と言ったんですが(笑)

 

古代ギリシャの時代から、哲学者たちが、自分とはなんだ?なぜこの地球に生きているのだ?命とは何だ?死後の世界とはなんだ?と考えてきたのだと思いま す。 真面目に考えれば考えるほど、答えを得る事が出来ないから、揶揄してはぐらかすこともあるでしょう。 でも、今、インターネットによって、同じように考えている人がいて、ああよかった同じ考えの人がいるのだと、ホッとする所もあったと思います。

 

神秘の世界とされていた「神と繋がる」事は、巫女、シャーマン達の専売特許のように思っていましたが、実はちがっていたんですね。 宗教も、古くある宗教はチャネリングは、低級霊だ動物霊が取り付いたのだと言って、チャネリングを民衆の前から隠そうとしてきました。 現代は新興宗教が、あなたも霊能者になれるとか吹聴してチャネリングを宣伝に使っているそうです。ヒーリング方法も新興宗教が、宣伝に使っていましたね。

 

古い時代からある宗教団体も新興宗教団体も、黒い話はたくさんあります。教えや考え方は良くても、運営している人間が悪い事したりします。 宗教団体という形になると、かかわる人間模様が出てきます。 各宗教団体がおこした数々の事件をみると、人の弱さが見えてきて、悲しい思いがします。

 

人の弱さとは(私が思うだけですよ・・) 人から馬鹿にされたくないと思う気持ちが高じて 人に恐怖を与えて支配したくなる それらによって 優越感にひたることだと思います。 人の心の根底に「バカにされてたまるか。一番偉いんだ。言う事聞かせるためには暴力も当然だ。」こんな思いが住みついているのが人の弱さだと思います。 でも、これらは、なんとなく人間の本能のように思います。
これらの心をよく見ると「人に愛されたいのです」という本能がさらに見えてくるように思います。

 

ホームページ【光のOak(オーク)】作成日2009年4月

 

【光のOak(オーク)】ホームページ・リニューアル2011年5月15日


inserted by FC2 system