チャネリングもアニマルコミュニケーションもスキル!霊感必要無し!北海道・東京・大阪・京都・神戸・奈良・広島・和歌山・東北・九州・沖縄・海外から習いに来られます。

チャネリング

チャネリング

チャネリング

 

+ チャネリング + + インナーチャイル ド + + 内なる声 ++ 体調がよくなる +

 

チャネリング

 

もともとアニマルコミュニケーションを、習ってみたいな〜と、ぼんやり思っていました。

 

チャネリングを習ってみて、練習して、出来るようになってみると、
アニマルコミュニケーションもできるんです。(あなたがチャネリングを極めれば)
オラクルカードからのメッセージも受け取れるのです。(あなたが望めば)
ハイヤーセルフとも繋がるのです。(あなたが望めば)
ヒーリングも出来るのです。(あなたが望めば)
チャネリングをドンドン極めると「おまけ」が、沢山付いてくるんだわ〜って思いました。

 

チャネリングで繋がるのは「スピリット・ガイド」と呼ばれる方々です。
イルカやハイヤーセルフや天使達を、総称して「ハイレベルガイダンス」とも呼ばれるようです。
(ここでは、スピリット・ガイドやハイレベルガイダンスを略して単に「ガイド」とします。)

 

ガイドさんを説明するのに、適当な言葉が浮かびませんので、ある方の言葉を借ります。
「ガイドさんからのメッセージは、沢山ある旅行ガイドブックと同じようなもの」とおっしゃっていました。「人生の旅を案内してくれるガイドさん達」と思え ば、分かりやすいかもしれません。

 

ガイドからのメッセージは「お伺い」「ご神託」「霊言」「お告げ」「予言」と言うものではないです。
ガイドから伝えられたメッセージが気に入らなくても、罰が与えられるわけではないです。
既存の宗教の枠を超えています。

 

わかりやすく日本語でチャネリングを表すなら「ご神託」に近いそうです。
今風に言うなら
「天界や神界から、あなたに送られるスピリチュアル・メッセージ」
になるでしょうか・・・
天界や神界と言うのは、宗教的な意味はありません。

 

ガイド達を奉る必要もなく、儀式・お祈り・御供・線香も必要ありません。
ガイド達を神格化する必要はなく、「私のお母さん」等、役割をつけません。
ガイドと繋がるために、チャクラを開ける努力も要りません。
(瞑想等で勝手に開いてくると思います)

 

ただ、最高のお友達という感じです。親しき仲にも礼儀ありですから、挨拶はします。メッセージを伝えてもらったら「ありがとう」と素直に感謝を伝えるだけ です。

 

ガイドに繋がりたくなければ、それっきりと言うことです。

 

 

 

 

インナーチャイルド

インナーチャイルド

 

インナーチャイルドインナーチャイルド

 

 

チャネリングの瞑想練習を始めてみると、始めのうちはコロコロとガイドさんが変わっていました。こんなもんなのか〜と練習を続けていると、ある日ガイドの 部屋が変わっていました。クリスマスバージョンになっているんですね〜。クリスマスの飾りつけでいっぱいになった部屋を、2歳ぐらいの子供が歩いている、 その子を見たとき「あ、私だ」と思いました。2歳の子供にガイドさんは、クリスマスの飾りをはずして手渡していました。たくさんの飾りを胸いっぱいに抱い た子供を、私は抱っこしていました。2歳の子供に「愛していると言いなさい」と言われたような気がしたので、2歳の子供(たぶん私)に、わけも分からずに 「愛している」と言いました。

 

この日から、練習でガイドの部屋に行くと、私が子供になっている、ある時は小学生、ある時は中学1年生ぐらい、ある時はまた小学生の姿になっていました。

 

なんで子供の姿なんだろうと不思議に思い、子供の姿のまま「なんで私は子供の姿なんでしょう?」と聞いてみました。ガイドさんは、また「抱っこして愛して いると言いなさい」と言います。
この日も分けもわからずに言われたとおりして、練習を終えました。

 

なんだろう、なんで子供なんだろうと不思議でしたが、ふとエクトンさんの本がネットにあるのを思い出して、リチャードさんのHPへ行き、本をダウンロード して読んでみました。
そこに、インナーチャイルドの説明が書かれていました。はっと気がついて、ガイドは私にインナーチャイルドの瞑想をしろと言っているのか?と思いました。

 

パソコンで電子ブックを読むのはつらいので、エクトンさんの古本を買いました。
インナーチャイルドの本や毒親の本も買いました。

 

本に紹介されている瞑想をしました。そのとき、ふと、子供の頃楽しかったことって何だろうと思いました。一生懸命思い出しました。泳げるようになったのが 嬉しかった。タンポポやシロツメクサで花輪を作るのが好きだった。桜の花びらでネックレスを作って喜んでいた。貨物列車が通るとワクワクした。このように 色々思い出しました。

 

 

何度目かのインナーチャイルド瞑想をしている時、赤ちゃんの頃の私、小学生、中学生、高校生の私が勢ぞろいしました。赤ちゃんになっている私を抱っこする と、とても冷たく感じました。暖かくなるように抱いていました。腕の中の赤ちゃんが暖かくなったとき、私の胸も暖かくなってきました。

 

赤ちゃんの私に「オムツが冷たくなっても替えてもらえなかったのね。でも、もう大丈夫よ」と話しかけました。小学生の私が「先生達が恐かった」と言いまし た。当時の小学校の先生はとても恐ろしい先生達でした。低学年の子供であってもビシバシ叩いていました。

 

小学生の私に「先生たちも両親も恐ろしい戦争が終わったといえ、新しい時代をどうやって生きていけばよいのか、分からなかったのよ。お行儀の良い子供を作 らないと、先生達も校長先生にうんと叱られたのよ。お行儀の良い子供を作る方法が、罰をたくさん与え、恐い思いをしたくなければ言うことを聞きなさい、と 言う教育しかあの時代は出来なかったのだと思う。両親も先生達も自由なんて知らなかった時代だったと思う。」と伝えました。小学生の私は、少し納得したよ うです。

 

高校生の私が「あなたは今幸せなの?」と聞いてきました。私は努力していると伝えると、不安そうな顔をするので「あなた達が、頑張ってくれたから、今の私 がある。ありがとう」と力強く伝えました。

 

みんなで、楽しく遊んで瞑想を終えました。
これ以降、インナーチャイルドの瞑想はしていません。
もう十分だと、自分でも感じたからです。

 

 

 

 

内なる声

インナーボイス

内なる声

 

内なる声を認めることになった出来事

 

 

チャネリングの練習をしていると、自信が揺らぎます。これは自分の声か?と悩むんです。私も悩んでいました。また、時々自分では考え付かないような言葉 が、掃除している時等に浮かんだりしていました。なんでこんな言葉が浮かぶかな〜?考えていたわけでもないのにと思っていました。

 

インナーチャイルドの瞑想を終えた頃、待ち合わせの時間つぶしに、レストランでお昼ご飯を食べました。ランチセットを食べ終えると、喉や舌が塩味でピリピ リするのです。
私は塩味にすごく弱く、お漬物も美味しいのですが、食べ終わると塩味が舌に残り、喉もすごく渇くのです。外食は好きなんですが、塩味の濃いものは食べたく ないのです。

 

このときも、しまった!と思いました。ランチセットにドリンクバーが付いていたので、ドリンクバーを眺めながら、ケーキでも食べるかな〜、なんかお茶でも 飲もうかな〜と考えていました。
そのとき

 

「紅茶を飲んでごらん」と内なる声がしました。
また、自問自答が始まったと思いました。

 

何飲むの?と聞き返しました。
ドリンクバーには何種類かの紅茶がありました。

 

「アップルティーを飲んでごらん、ゆっくり舌を洗う感じで飲むんだよ」と
内なる声がします。

 

アップルティー?
今までアップルティーなんて飲んだことありません。絶対自分では選択しない紅茶の種類です。
私は普通のミルクティーしか飲みません。

 

アップルティーを飲めだって・・・と、いぶかりながらアップルティーを入れて、席にもどり指示されたように、ゆっくりアップルティーを2〜3口飲みまし た。

 

あら不思議・・・・・

 

塩味でピリピリしていた舌や喉が、治まったのです。

 

アップルティーを、一度も買って飲んだことはないし、自分のハーブ知識にもアップルティーが塩味を消すなんて持ち合わせていません。
これは、自問自答の範疇を超えていると思いました。

 

これを、天使からと思うか、ハイヤーセルフからと思うか、その方しだいでしょうね。
この件があってから、自分の内なる声にもっと耳を傾けるようになりました。

 

この時、あまりにも驚いて「あなたは誰」と名前を聞くのを忘れました。
今思えば、聞いておけばよかったと思います。

 

 

 

体調がよくなる

インナーボイス

チャネリングの練習をすると体調がよくなってきた

 

今までさんざん漢方薬やサプリを飲み、肩こりには針治療やマッサージで体調を整えていました。
メンテナンス・瞑想でも、天地エネルギー回しでも、気分が良かったのですが、チャネリングの練習をしていると、もっと体調がよいのです。でも、調子に乗っ て不摂生すると、当然体調が悪くなります。先日、本を3冊一気に読破したときは、かなり体調不良になりました。
無茶をしないなら、体調が良いのです。

 

朝から晩まで瞑想して、ボーッとしているのかと思われるでしょうが、そんなことは無いです。
スピ系講座やチャネリング講座に出かけていた頃は、資格取得の勉強の追い込みの時期でしたから、1日6時間ぐらい生化学と格闘していました。他に生活習慣 病の講座もほぼ同時期に、受講していました。糖・脂質・タンパク質の代謝とか糖尿病とか高脂血症とか人間の体の勉強を毎日していました。勉強の休憩時間に 瞑想を30分〜1時間程度していただけです。

 

各講座の仲間が言うのは、最初の頃はだるそうだったが、3ヶ月の講座が終わる頃には元気そうになって「おばちゃん、若返ってるよ」と講座仲間の若いお兄さんから教えら れました。体調のよさは自分だけが感じているのではなく、人目にもわかるほどだったのです。

 

 

 

 


 



inserted by FC2 system